愛宕山詣り

享保17年(1732年)12月18日の夜に芝村で大火災が発生し、神社に古くから伝わる能面が焼失しました。
以来、二度と火災を出さないと、毎年、芝垣内の年行司4人が代表して愛宕神社に参詣し、護符を受けて帰り、これを各家に配る「愛宕山詣り」のしきたりが残っています。

西大寺八幡神社

コメント

タイトルとURLをコピーしました
/* クリッカブル用コード */